Hydro power system

水力発電システム

  • EIWATが開発するマイクロ水力発電

    日本の河川に適応した低落差・小型高効率・低コストを実現する革新的なトルネード型タービンです。流体力学の原理を最大限利用する三次元ブレード形状は、構造計算と流体シュミレーション技術にて効率的に設計。実験設備にて水流実証実験を行い、製品の最適化を実現しました。

  • 特徴

    小型でありながら高効率な発電力持つ、トルネードタービンは日本の小さな河川でも設置が可能です。他の水力発電装置と違い、水没箇所がタービン部分のみの為、故障に強い特性を持ちます。流入物はタービン部分を経由し、そのまま流れ出るため、過剰なフィルター対策が不要となります。

  • フレキシブルな設置方法

    最小水量範囲、0.01~0.03㎥/sとわずかな水量しかない場所での設置が可能。日本の小さな河川から大きな河川まで、装置の台数を増減することによって、あらゆる条件下での設置を実現する。人の力で持ち運びが可能な為、重機の入れない場所でも取り付けることが出来ます。

  • POINT

    並列設置

    水量に合わせた複数台の設置制御で、より効率良くエネルギーを生み出します。

    保守メンテナンス

    保守メンテナンスは1台ずつ停止して行うことが出来ます。分散して設置することで、全ての装置を停止する必要がなく、効率良くメンテナンスが行えます。

  • 研究設備

    あらゆる条件下での設置を可能にする為、自社研究棟での水流実証実験設備を導入しました。落差5,000mmの設備に、大型加圧ポンプを設置。加圧することによって落差30,000mm迄の水圧を自在にコントロール出来ます。わずかな水量で効率よくエネルギーに変換し製品性能の更なる飛躍を図ります。